top of page

記事 2024年度実施 大学入学共通テスト 英語 語数を分析 3年連続6,000語超え。大田区、目黒区、大岡山、世田谷区、品川区

2024年度実施 大学入学共通テスト 英語 語数を分析 3年連続6,000語超え


2024年度(令和6年度)大学入学共通テストが、2024年1月13、14日に行われました。リーディングでは3年連続で6,000語を超え、リスニングでは今年も非英語母語者が混じる会話や、グラフや図と絡めた出題がみられ、総合的な英語力が問われました。

ここでは、大学入学共通テスト英語リーディング、リスニングの語数カウント結果と分析を掲載します。(SRJ調べ)


 

目次


 


リーディング問題構成

多様なジャンルの出題、大問5は本格的な英文小説の読解



読む時間の短縮

時間内に読解するためには150wpmが必要


リスニング問題構成

問題用紙の英文やグラフをスピーディーに読み取る力が必要

再生1回の割合は約6割、リスニング力が試される






大学入学共通テスト 英語






Comentários


bottom of page