小学6年生のための中学準備

清水窪小学校、赤松小学校、洗足池小学校、小池小学校、大岡山小学校、中根小学校、原町小学校、緑ヶ丘小学校、碑小学校、向原小小学校の小学6年生のみなさん。そして、私立小学校に通っている小学6年生のみなさんへ


2020年4月から中学へ進学される方のための先取り学習ができます。

次の3つが重要です。


■中学の学習でつまずかいないこと

中学の学習内容は、小学校での学習内容と比べてかなり難しくなります。特に算数から数学に変わるとき、数学の最初の正負の数や文字式でつまずくことがよくあります。いままで想像できない概念が加わります。これが、中学・高校の基礎になり、これができないと、次の単元が非常に厳しくなり、数学が全くわからない状態になってしまいます。

だからこそ、時間をかけて、いまからじっくり学ぶことが重要です。


■定期テストでよい成績を残すこと

定期テストの成績が、内申点に反映され、高校受験に活用されます。また、中高一貫校であれば、コース分けに活用されます。だからこそ、行きたい高校、行きたいコースを選択できるようにしっかり得点することが重要です。

ただし、内申点は、定期テストだけでは決まりません。定期テストでよい成績が残せれば、モチベーションがあがり、学校の宿題もしっかりやるようになるし、学校授業にも積極参加できるようになります。これらによっても内申点がどんどん上がっていきます。


■高校受験で上位高校、難関高校の受験できる学力をつけること

いまの小学校で成績が思わしくない、学力があまり高くないなどと思っている方でも、中学で心機一転、学習の取り組みを変えて、学力アップができます。そのためにも、先取り学習が重要です。理解することが、他の人より時間がかかるなら、他の人より早く始めましょう。

そして、なるべく多くの先取り学習をして、復習にかける時間とレベルアップにかける時間が作れます。それを3年間続ければ、上位高校、難関高校の受験合格も夢ではありません。

中学3年生の夏休みまでに中学の学習範囲を完了し、夏休みからレベルの高い問題演習を徹底的になりましょう。できないところはしっかりさかのぼりして復習しましょう。それだけの時間の余裕ができます。


小学6年生のみなさん。

いまから中学の勉強を始めてみましょう。


---------

既に、中学英語、中学数学を始めている小学6年生がいます。

中学数学で、つまずきそうな小学生の学習範囲をつぶしながら、どんどん先に進んでもらっています。

---------


【学力に不安がある方】

中学の勉強をしながら小学校での弱点を補強していきましょう。そして、自分の学力に自信をもてるようになりましょう。少しずつ、学力を上げていきましょう。そして、中学生になってトップクラスを目指してみましょう。

【学力に自信のある方】

中学の勉強をどんどん進めていきましょう。6カ月先まで先取りしながら、発展問題などでさらなる実力をつけていきましょう。高校受験をするならば、上位校・難関校を目指せる実力を付けましょう。

また、高校レベルへとステップアップしていきましょう。


―――――


【対象】小学6年生

​【科目】英語、数学、国語、理科、社会

【概要】

《英語》

英語がはじめての方は、アルファベットから始めましょう。

英語を少し習った方は、まず、be動詞、一般動詞をやってみましょう。

英単語、英語語順組み立て、英文作成、リスニングなどの英会話以外のすべてを学びます。

あと、英検5級、英検4級など英検合格にもつながる勉強になります。



《数学》

計算の力がそのまま数学の力になります。

小学校の計算をまず完璧にしておきましょう。整数の計算、分数の計算、小数の計算、混合計算などです。特に分数の計算は重要です。

小学校の計算以外は、中学のカリキュラムで必要になった時に復習すれば大丈夫です。

小学校の計算ができれば、中学1年の勉強は十分やれます。



《国語》

国語は、読解が中心になります。読むためのスキルを身に付けることになります。

生徒によって、かなり差がでる科目です。小4レベルから中3レベルまで、生徒のレベルにあわせて勉強します。だから、小6年生といえども、小4レベルから、または、中1レベルから始める場合があります。



《理科・社会》

中学の理科・社会です。

小学校で学んだことは忘れても構いません。中学でまた一から学びます。


ーーーー

中学の最初はこんな勉強をします。


【数学】

算数より、レベルが格段にあがります。また、学ぶ量もかなり増えます。まずは、正負の数、そして、文字式。このあたりまで、先取リできればよいと思います。


■正負の数

算数の四則演算に、マイナスの概念が加わります。簡単なルールを覚えるだけで、すらすらとけます。例えば、+(-5) →-5, 、-(-5)→+5、(-)x(-)=(+)、(-)x(+)=(-)など。


■文字式

算数で、文字を使った式を学んでいます。その延長です。文字は、1つでなく2つ、3つの場合もあります。ポイントは、同類項にまとめるということです。これが、しっかり理解できれば、全然難しくありません。


【英語】

4技能( 聞く、話す、読む、書く )をすべて学べることがベストです。

中学で最初に学ぶ文法は、be動詞または一般動詞です。

なかなか話すスキルは、難しいですが、それ以外は、小学生でも十分学べます。

ネイティブな英語をしっかり聞いて、それを書きで文章を覚えるようにします。


肯定文:This is ~ 、That is ~、He is ~、She is ~、・・・

否定文:This is not ~、This isn`t ~、・・・

疑問文:Is this ~、Is that ~


【国語】

実力をつけるためには、時間がかかります。国語が苦手な方は、小4国語から始められます。国語が得意な方でも、しっかり読解手法を学んでいない小6国語から学ぶことをお勧めしています。

---

1回の受講は、120分です。60分ごとに数学、英語など

週2回がお勧め。

ちょっと学力に不安がある方は、週3回、または通い放題から始めましょう。そして、理解度が上がったら、週2回に変更していきましょう。




  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒145-0062

東京都大田区北千束1丁目40−1 梅林堂ビル2階

Tel:03-6421-1904 Fax:03-6421-1905

E-mail:contact@mybest-kobestu.com

​大岡山駅から3分

大岡山駅近辺に在住の小学生、中学生、高校生のための個別指導

(清水窪小、赤松小、洗足池小、小池小、大岡山小、中根小、原町小、緑ヶ丘小、碑小、向原小、私立小学校、第十一中、第九中、第八中、第七中、奥沢中、大森第六中、石川台中、雪谷中、荏原第六中、荏原第五中、中高一貫校に通っているみなさんのための学習塾)

速読とプログラミングができる学習塾