【検定対策】数学検定・算数検定対策


こんな感じでやります。

個別指導ですので、お子さまの習熟度、目標を基に進め方を考えていきます。


(1)いまの実力をはかります。

過去問や問題集を基に、どの程度できるかを見ていきます。

○正答率50%以下の場合、級を下げて、再度、テストをしてみます。

○50%~70%の場合は、できなかった問題にかかわる単元を学び直しでもらいます。

○70%以上の場合は、級を上げて、再度、テストをしてみます。


(2)お子さまにあった勉強をしてもらいます

まず、苦手な問題などを克服してもらいます。

そして、しっかり確実に問題が解けるように練習してもらいます。

時間がある方は、レベルアップした勉強をしてもらいます。


――――

すららを活用します。

【対象級】8級~2級

【学習予定時間】

・11級対策(ドリルを含む学習時間:9時間5分)

・10級対策(ドリルを含む学習時間:16時間30分)

・9級対策(ドリルを含む学習時間:19時間5分)

・8級対策(ドリルを含む学習時間:20時間10分)

・7級対策(ドリルを含む学習時間:23時間20分)

・6級対策(ドリルを含む学習時間:31時間15分)

・5級対策(ドリルを含む学習時間:37時間10分)

・4級対策(ドリルを含む学習時間:37時間45分)

・3級対策(ドリルを含む学習時間:39時間55分)

・準2級対策(ドリルを含む学習時間:32時間25分)

・2級対策(ドリルを含む学習時間:34時間35分)


それぞれの級にかける学習時間だけ、すべてやる必要はありません。できないところ、苦手なところ、習っていないところをだけをピックアップしてやります。できるところはやる必要はありません。


―――――

数学検定を持っているとこんなメリットがあります。

■高等学校卒業程度認定試験優遇】

・必須科目「数学」受験免除

・2級、準1級、1級の取得


■高校入試優遇

高校入試における生徒の評価基準として、学科試験の成績だけではなく、中学校在学中の実用数学技能検定の取得を活用する学校が増えています。

・内申点の加算など

・3級以上または準2級以上の取得


■大学入試優遇

大学入試において、受験者の総合的な人物評価の基準として実用数学技能検定の取得を活用する大学・短大が増えています。

推進などのアピールポイント、評価加算など


■単位認定制度

単位認定制度とは、大学・高等学校・高等専門学校などで、一定の階級の実用数学技能検定取得者に対して、特定の科目の単位取得を認める制度です。


ーーーーー



  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒145-0062

東京都大田区北千束1丁目40−1 梅林堂ビル2階

Tel:03-6421-1904 Fax:03-6421-1905

E-mail:contact@mybest-kobestu.com

​大岡山駅から3分

大岡山駅近辺に在住の小学生、中学生、高校生のための個別指導

(清水窪小、赤松小、洗足池小、小池小、大岡山小、中根小、原町小、緑ヶ丘小、碑小、向原小、私立小学校、第十一中、第九中、第八中、第七中、奥沢中、大森第六中、石川台中、雪谷中、荏原第六中、荏原第五中、中高一貫校に通っているみなさんのための学習塾)