【定期テスト】中学生のための定期テスト対策

大田区の石川台中、大森第六中、雪谷中に通っているみなさんへ。目黒区の第七中学校、第八中学校、第九中学校、第十一中のみなさん。そして、私立中学校に通っている大岡山駅近隣のお住いのみなさんへ。


4月から始める定期テスト対策。

新学年になったら、定期テストを見据えた学習をしていきます。まずは、予想される定期テスト範囲までの先取りを開始しましょう。


―――

定期テストは、日々の学習の成果確認です。日々の学習の中で、なかなか理解が進まない単元や予復習をしていない単元などいろいろあります。そのような勉強の仕方を変えていきます。

まず、日々の学習をしっかりやることを指導していきます。そして、理解するまであきらめずにやり抜けるように指導します。

あとは、直前2週間で、弱点探しと再点検を指導していきます。


もちろん、生徒一人ひとりの学力は異なり、理解力も異なります。生徒一人ひとりにあった勉強をすれば成績は自然に上がってきます。そのような勉強を目指して指導していきます。

中学生:英語、数学、理科、社会 

【英語・数学の定期テスト対策】

■定期テスト範囲の先取り

すららを使って、1か月前までに、定期テスト範囲(予想範囲)の単元まで先取り学習をします。


■2週間前までに問題練習

すららドリルの正答率80%以上、すらら定期テスト問題の正答率80%以上まで繰り返し練習します。


■直前2週間の繰り返し演習

この前のすららドリル80%以上、すらら定期テスト問題の正答率80%以上に足しいたら、次のステップとして、プリントや教科書準拠のテキストを使って練習問題を解いていきます。次のできなかった問題を解きなおします。さらに応用問題や発展問題に取り組み高得点を狙えるようにします。


【理科・社会の定期テスト対策】

■直前2週間の繰り返し演習

プリントや教科書準拠のテキストを使って練習問題を解いていきます。

最初は、弱点を探すため基本問題・標準問題を中心に問題を解いてもらいます。

次のできなかった問題を解きなおします。

さらに応用問題や発展問題に取り組み高得点を狙えるようにします。



【定期テストが終わったらやること】

■振り返りをしておきましょう

定期テスト前に、目標、勉強の計画など立てると思いますが、それとの乖離を理解することが重要です。

①目標との乖離

②勉強の仕方の振り返り

・よかったこと、悪かったこと

・何が足りなかったか、これをやったからできたなど

③次回の定期テスト向けの改善

②の振り振り返りを踏まえて、継続すること、新たに取り組むことを明確にしましょう。

あとは、実行のみです。


■間違えた問題の解き直しをしましょう

わからなかったことをそのままにしないことが重要です。

特に、数学、英語は、わからなかったことをそのままにしておくと、そのあとの勉強で、同じような問題やそれが基礎となっている問題がでたときに苦戦してしまいます。

数学、英語は積み上げの科目ですので、解きなおしは必ずやっておきましょう。

あと、解きなおしで、なぜ、間違えたか、どこで間違えたかを考えながらやりましょう。


​■問題と解答を保管しておきましょう

受験で、自分の苦手単元を分析するために使用できます。

また、新たな単元に入る前に前回の定期テストの成績をみて、さかのぼり学習やちょっとした復習が必要かの判断に利用します。



  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒145-0062

東京都大田区北千束1丁目40−1 梅林堂ビル2階

Tel:03-6421-1904 Fax:03-6421-1905

E-mail:contact@mybest-kobestu.com

​大岡山駅から3分

大岡山駅近辺に在住の小学生、中学生、高校生のための個別指導

(清水窪小、赤松小、洗足池小、小池小、大岡山小、中根小、原町小、緑ヶ丘小、碑小、向原小、私立小学校、第十一中、第九中、第八中、第七中、奥沢中、大森第六中、石川台中、雪谷中、荏原第六中、荏原第五中、中高一貫校に通っているみなさんのための学習塾)