【定期テスト】中学生のための定期テスト対策|大田区・目黒区

最終更新: 10月28日

定期テストは、日々の学習の成果確認です。


日々の学習の中で、なかなか理解が進まない単元や予復習をしていない単元などいろいろあります。そのような勉強の仕方を変えていきます。

まず、日々の学習をしっかりやることを指導していきます。そして、理解するまであきらめずにやり抜けるように指導します。

あとは、直前2週間で、弱点探しと再点検を指導していきます。


もちろん、生徒一人ひとりの学力は異なり、理解力も異なります。生徒一人ひとりにあった勉強をすれば成績は自然に上がってきます。そのような勉強を目指して指導していきます。

いま、日々の学習で、学校授業についていけないなら、まず、これを解決しましょう。学校授業理解が最優先です。



【定期テスト2週間前まで】

■定期テスト範囲の先取り(塾)

eラーニング教材すららを使って、定期テスト1カ月前までに、定期テスト範囲(予想範囲)の単元まで先取り学習をします。


先取り学習の節目節目で、次の2点を実践します。


①すららドリルの正答率80%以下の単元は、苦手単元を判断して、正答率80%以上になるまで繰り返し練習します


②単元テストをやります。単元テストは、すららで作る定期テスト対策問題を使います。これで、ある程度の理解度を把握します。定期テスト対策問題が80%を切るようであれば、そのできなかった単元を徹底的に復習してもらいます。これを繰り返していきます。


■自宅学習

《数学》

毎日やりましょう。1日15分、30分でも構いません。復習は、教科書の例題や問題を解いたり、学校授業ノートを確認しておきしょう。

《英語》

毎日5分でも構いませんので、教科書の音読は必ずやりましょう。

あとは、教科書にのっている単語や熟語をノートに書いて覚えておきましょう。

《国語・理科・社会》

学校授業ノートを当日中に確認しておきましょう。

暗記が苦手な方は、暗記を少しずつ始めましょう。



【定期テスト直前2週間】

ここから、理科、社会もやります。

教科書準拠のテキストを使って練習します。


まず、最初に、まとめ問題を解きます。その結果を踏まえて、復習すべき単元と復習しなくても大丈夫な単元を仕分けします。


まずは、復習すべき単元を復習します。


これを何回も繰り返して、練習量を増やし、理解度をアップさせ、テストでしっかり問題が解けるところまで、底上げしていきます。



【定期テスト前日】

定期テスト前日は、総まとめの意味で、いままでに、間違って解き直しした問題をチェックしていきます。短期間でやるので、いままでにやったプリントなどの履歴を確保しておき、それをもとに分析して、最低限必要なことしかやりません。




―――

個別指導については、こちらhttps://www.mybest-kobestu.com/terrace

お問い合わせは、こちらhttps://www.mybest-kobestu.com/contact

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒145-0062

東京都大田区北千束1丁目40−1 梅林堂ビル2階

Tel:03-6421-1904 Fax:03-6421-1905

E-mail:contact@mybest-kobestu.com

​大岡山駅から3分

小学生、中学生、高校生のための個別指導・速読解力講座・速読聴英語講座の塾​