小学6年生の中学準備|大田区・目黒区

中学受験が終わった小学6年生のみなさん。

公立中学校へ進学が決まっている小学6年生のみなさん。


2月と3月で、中学数学、中学英語の予習をしてみませんか。予習して、事前につまずく可能性がある単元を見つけて補強して、完璧にしておきましょう。


週2回1回60分または1回120分でやってみませんか。


【数学】

■小学算数の計算の復習(分数の計算)

(計算が苦手なら計算の復習から始めましょう)

■正負の数

■文字式



【英語】

■英文のルール

■be動詞(this/that is~ I am/You are/He is/She is~

■一般動詞(run,play,readなど)



始めてみたい方は、まずは、体験授業から。

お申し込みは、こちらからhttps://www.mybest-kobestu.com/contact


ICT教材と演習授業で確実に理解し、定着をはかります。


――――

いま始めるといろいろメリットがあります。

■中学の学習でつまずかない

■定期テストでよい成績を残せる

■高校受験で上位高校、難関高校の受験できる学力を付けられる

など


《中学の学習でつまずかいない》

中学数学は、算数と比べて、かなり難しくなります。特に数学の最初の正負の数の計算や文字式の計算が重要です。この計算がすらすらできるのとできないのでは、大きな差が付きます。そして、数学の好き嫌いがはっきりします。


また、英語は、小学校で文法を習いません。英語を読む、書くためには、英語のルール(英文法)をしっかり理解することが重要です。最初は、なかなか理解が進まないものです。


いまから始めれば、時間をかけてゆっくり学べます。いま、できなくても中学になったら、他の人よりかなりできるようになっているでしょう。


《定期テストでよい成績を残せる》

定期テストの成績は、日々の学習の成果確認になります。中学に入ってはじめての定期テストで、その後の学習に対するモチベーションに大きく影響します。定期テストで30点しか取れないとその科目の勉強はしたくなくなります。また、80点取れると、自分の勉強に自信が付き、その科目だけでなく、他の科目もやればできるとなって、自分でどんどん勉強するようになるでしょう。学校の授業も楽しくなるでしょう。


また、高校受験で、定期テストの結果が反映された内申点が利用されます。オール4以上であれば、上位校・難関校の合格を目指せます。



《高校受験で上位高校、難関高校の受験できる学力をつけられる》

いまの小学校で成績が思わしくない、学力があまり高くないなどと思っている方でも、中学で心機一転、学習の取り組みを変えて、学力アップができます。

そして、なるべく多くの先取り学習をして、復習にかける時間とレベルアップにかける時間が作れます。それを3年間続ければ、上位高校、難関高校の受験合格も夢ではありません。

中学3年生の夏休みまでに中学の学習範囲を完了し、夏休みからレベルの高い問題演習を徹底的になりましょう。できないところはしっかりさかのぼりして復習しましょう。それだけの時間の余裕ができます。





  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒145-0062

東京都大田区北千束1丁目40−1

梅林堂ビル2階

Tel:03-6421-1904 

E-mail:contact@mybest-kobestu.com

​大岡山駅から3分

小学生、中学生、高校生のための個別指導・速読解思考力講座・速読聴英語講座の塾​