【高校受験】勉強時間はどのくらいを目安にしますか。

以前、ベネッセが発表している「第5回学習基本調査」データブック [2015]を見ました。

小学生:平均学習時間95.8分/1日。宿題の時間49.8分/1日 中学生:平均学習時間90分/1日。宿題の時間45.3分/1日 高校生:平均学習時間84.4分/1日。宿題の時間54.4分/1日      (偏差値55以上:119.1分、偏差値50~55未満:84.5分)

中学生は、1日1時間30分が平均という結果がでています。

あくまでも平均ですの、お子さまの学習状況、目標、やる気で、大きく変わってくると思います。


常に右上がりの成績を残すために、「1科目1週間5時間」と言われています。この中にはもちろん、学校の宿題や塾の学習なども含まれます。

やはり、お子さまの学習状況によっては、5時間が4時間だったり、6時間だったりします。まずは、成績アップのの実績を作って、それを改善しながら、右上がりの成績を目指すことになります。

あと、英語、数学は、ほぼ、毎日、学習することをおススメしています。英語、数学は、力がつくまで時間がかかりますので、他教科より、地道な勉強が必要です。


ーーー

さて、高校受験ですが、勉強時間は、大きく変わってきます。

6月の定期テストや7月までの部活などで、受験勉強らいし勉強は、7月中旬までほとんどのお子さまができていないでしょう。


ということで、7月からが本格的な受験勉強になります。

まず、最初にやることは、学習習慣をつけるということです。

いままで、部活などにとられたいた時間を勉強に割り当てたりしますが、そうした場合、生活のリズムが変ってきます。早めに受験勉強ができる生活リズムを作り上げることです。


次に計画を立てることです。

やはり、これもお子さまの習熟度で大きく変わります。

①中1中2の総復習

②中1中2の苦手単元

③数学の関数、平面図形、空間図形

④英語の単語・熟語、長文読解

⑤国語の読解、古文、漢文

⑥理社の一問一答

⑦基本問題演習、標準問題演習、応用・発展問題演習

⑧過去問、予想問題

やることは尽きません。


どれを、いつ、どれだけやるか。

勉強する期間・時間は限られていますので、これらをきちんと考えないと、なかなかうまく進みません。


たぶん、お子さまが頑張れる勉強時間は、

★平日:4時間~5時間

★休日(夏休みも含め):9時間~10時間

ぐらいでしょう。成績のよいお子さまは、どんどん進められますが、それほど成績がよくないお子さまは、勉強時間がより多く必要になります。


やはり、計画が重要。がちがちの計画ですと、窮屈で、何度も何度も計画見直しが発生してしまい、ストレスもたまってきます。少し余裕をもって計画を立てましょう。


私の計画の立て方は、

①受験までのマイルストーンを決めます

②月ごとにやるべきことと使うテキストを決めます

③あと、週末に翌週の計画を立てるようにします。

④①②③の整合性が取れるように学習を進めます

あと、きちんと学習のやり方も決めておくことが重要です。

・問題集を使う

・塾へ行く

などを決めておきましょう。


それぞれに、どのくらいの時間をかけるかもきちんと見積もって、平日、何時間やればよい、休日は、何時間やればよいとするやり方もあれば、平日、休日ともに時間制限し、その中でやるようにする計画を立てるやり方もあります。


これは、お子さまがどちらがやりやすいか、やりやすいほうを選択すればよいと思います。

あと、計画の変更は必ず必要になります。柔軟に考えることがよいと思います。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

〒145-0062

東京都大田区北千束1丁目40−1 梅林堂ビル2階

Tel:03-6421-1904 Fax:03-6421-1905

E-mail:contact@mybest-kobestu.com

​大岡山駅から3分

大岡山駅近辺に在住の小学生、中学生、高校生のための個別指導

(清水窪小、赤松小、洗足池小、小池小、大岡山小、中根小、原町小、緑ヶ丘小、碑小、向原小、私立小学校、第十一中、第九中、第八中、第七中、奥沢中、大森第六中、石川台中、雪谷中、荏原第六中、荏原第五中、中高一貫校に通っているみなさんのための学習塾)

速読とプログラミングができる学習塾